ロングテールSEOって意味あるの?

「ロングテールSEOってよく聞くけど、本当に意味あるの?」って思っている人も多いかと思います。

アフィリエイト初心者でも、ロングテールSEOを徹底すれば、確実にアクセスを増やしていくことが可能ですし、それ以外にも、関連記事のキーワードを強化するという大事な役割があります。

ロングテールキーワードを拾っていくことで、確実にサイトは成長していきますので、ロングテールSEOをマスターして、サイトのアクセス数を増やしていきましょう。

ロングテールSEOとは?

ロングテールというのは、簡単にまとめると、細かいキーワードのことです。

一般的には3語以上を組み合わせて検索する場合が、ロングテールに該当します。

後述しますが、一般的には、検索されるキーワード(検索クエリ)の80%前後はロングテールキーワードと言われています。

今や世界一の大企業といっても過言ではない「Amazon」が売り上げを大きく伸ばした理由も、このロングテールを制したからと言われています。

ロングテールの一つ一つは小さいのですが、チリも積もればで、ものすごい量になるのです。

 

検索全体の97%は2ワード以上の複合語

検索全体の97%は、2ワード以上の複合語での検索です。

この辺は、SEO業界では有名な「ahrefsの公式ブログ」でまとめられています。

 

 

2語が10%、3語が20%、4語も20%、5語以上が40%をしめるという結果になっています。

月の検索ボリュームが5,000を超えるワードは全体の0.03%、月間検索ボリュームが50以下のワードが95%を占めます。

つまり、複合語や類語を含むキーワードでの検索に引っかかるようにしておくと、結構なアクセスを稼げるということです。

 

ロングテールキーワードの探し方とは?

ロングテールキーワードの具体的な探し方は、「SEOキーワードの基本的な選び方|初心者は先ずはこのツールから始めよう」で紹介しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です