アフィリエイト初心者向けの記事・文章構成の作成方法

この記事では、アフィリエイト/ ブログをこれから始める〜1年目の初心者に向けて、簡単に文章構成を作れる方法を紹介しています。

アフィリエイトやブログでうまく文章を作れないな…」と感じている方もいるでしょう。

そんな人は、記事・文章構成に問題があることも少なくありません。

どんなものでも、屋台骨となる記事構成がグチャグチャだと、いくらその上に文章を積み上げようとも、使い物にならない記事に仕上がってしまいます。

ここでは、初心者向けに簡単に記事・文章構成力を上げる方法を紹介していきます。

 

ブログで文章構成を作る3つの手順

基本的にSEOで評価される”わかりやすい記事”の作り方は、だいたい同じです。

手順は下記のとおり3ステップ。案外簡単です。

  • 手順1
    キーワードを決める
    キーワードプランナーでキーワードを決めます。他のツールを使ってもいいですが、基本的にこれだけで十分です。
  • 手順2
    見出しを作る
    手順1で決めたキーワードを元に、検索意図を考えて見出しを作ります。これができたら記事の構成は80%完成したようなものです。
  • 手順3
    本文を埋める
    見出しの内容に沿って、必要事項を書いていきます。

 

手順1:キーワードプランナーでキーワードを決める

記事を書くうえでは、キーワード選びがスタート地点です。

スタートを間違うと、その記事は迷子(=誰からも見つけられない)になってしまいます。

「キーワード=記事のゴール設定」なので、狙うキーワードのない記事は、目的のない記事とも言えます。

キーワードを選ぶ方法は「キーワードの基本的な選び方|初心者はこのツールから始めよう」で解説しているように、Googleが提供するキーワードプランナーを使えばOKです。

ボリューム順に書いていきましょう。

 

基本的には、最初のうちはキーワードプランナーだけで十分。これに加えて、実際に検索して上位表示されている記事には、どのようなことが書かれているか確認します。

どの記事にも書かれている共通事項があれば、それはあなたの記事にも含めるほうが無難です。

 

手順2:キーワードを元に見出しを作る

キーワードが決まったら、実際にそのキーワードで検索する人の悩みを考えます。

ここでは、「アフィリエイト 始め方」で検索した人の悩みを考えます。

これはキーワードの通りそのままで、「アフィリエイトの始め方を知りたいと悩んでいる人」ということが推測できます。

といっても始め方のどこで悩んでいるかは千差万別。

ここからさらに一歩悩みを深掘りすると、下記のような「読者の悩み」を作れます。

 

アフィリエイトの始め方で悩んでいる人の悩み

  • 独自ドメインって何?
  • ワードプレスって何?
  • レンタルサーバーって何?
  • そもそも自分で設定できるのかな?
  • どこのサービスで始めたらいいんだろ?

 

などなど、アフィリエイトを始める人でも、悩んでいる内容が違うことがわかります。

とりあえず思いつきでいいので、「初心者が悩みそうなこと」or「自分が実際に悩んだこと」をできる限り書き出しましょう。

書き出しが終わったら、そのリストに挙がっている悩みを持つ読者は「どういった情報を欲しているか」を考えます。それを「記事の骨格(=見出し)」にしていけばいいのです。

 

読者の悩みから考えた見出しの例を上げておきます。この見出し構成だけでもかなりの数のパターンが作れるので、なかなか決めづらいかもしれませんが、どこかで妥協して決定しましょう。

  1. アフィリエイトって何?
  2. アフィリエイトでどれぐらい稼げるのか?
  3. ワードプレス+独自ドメインで始めるべき理由
  4. 独自ドメインの取得方法
  5. オススメのレンタルサーバーと契約方法|初心者でも5分で完了
  6. ワードプレスの設定方法

 

基本的には「自分が経験したことを書く」のが一番です。

そうしないと、ほかの一般論を書いている記事と同じになるので、独自性が生まれません。

Googleはオリジナルコンテンツを評価するわけなので、あなたの実体験が入ることで、一気にオリジナル度が増します。

実体験を1つくらいはいれられるようにしましょう。なければ、周囲に人に聞いてみるのもアリです。

最初は時間がかかりますが、徐々に慣れます。

 

手順3:本文を埋める

ここまで整理すれば、後の作業は割と簡単です。

本文を書き始める前に、それぞれの見出しで書くべき内容について決めておきます。そうすることで、記事をスラスラ書くことができます。

というよりも、そうしないと文章を書いている途中で、あれもこれもとなり、何を書いているかわからない状態になるので、自分が迷走しないためにも、書くべき内容を整理しておくことは重要です。

 

読者の悩みから考えた見出し

  1. アフィリエイトって何?
    →アフィリエイトの説明。ASPとSEOについても簡単に説明。
  2. アフィリエイトでどれぐらい稼げるのか?
    →アフィリエイトの難易度と稼げる額の目安を説明。
  3. ワードプレス+独自ドメインで始めるべき理由
    →ワードプレスと無料ブログのメリット・デメリットを説明。
  4. 独自ドメインの取得方法
    →独自ドメインについての説明と、オススメのサービス、取得方法を書く
  5. オススメのレンタルサーバーと契約方法|初心者でも5分で完了
    →選ぶべきレンタルサーバーについて。価格と設定方法を説明。
  6. ワードプレスの設定方法
    →ワードプレスの設定方法を説明

 

上記の感じで、「見出し+ちょっとした本文」くらいも作るといいですね。

このあたりを深く学ぼうと思ったら、「10倍速く書ける超スピード文章術」という本がおすすめです。

 

構成ができて「本文ライティング」に進むときに覚えておくと便利な「文章の型」があります。

ウェブなどの文章を書く上で、とてもわかりやすい構成として知られている「PREPの法則」を使うと、初心者でも説得力がある、わかりやすい文章を書きやすいです。

  1. P(point):結論、ポイントを述べる
  2. R(reason):理由を説明
  3. E(example):具体例を示す
  4. P(point):最後にもう一度結論

です。

 

最初に結論を言ってしまうことで、相手が脳を使わずに話を読み進めることができます。そうなると、読み手にとって「読みやすい文章」となり、結果的に「読まれる文章」となります。

ここに、「S(sympathy):反論への共感」を加えて、PRESPの法則にすると、よりスムーズに意見が頭に入ってきます。

  1. P(point):結論、ポイントを述べる
  2. R(reason):理由を説明
  3. E(example):具体例を示す
  4. S(sympathy):反論への共感
  5. P(point):最後に結論

 

下記に、具体例を解説します。

主張の型を使った具体例

ワードプレス+独自ドメインがおすすめな理由

  1. 主張する → 無料ブログを使うよりもワードプレス+独自ドメインがアフィリエイトでは良い
  2. 理由を述べる → ブログが削除されるリスクなし。広告も自由に貼れるから収益性高い。
  3. 具体例を述べる → ライブドアブログではスマホ広告が使えない。ブログが削除された例。
  4. 反論への共感を示す → 無料ブログではダメなのという意見もあるが、もちろんはてなブログProでもOK。しかし、長期的に見てワードプレスの方がおすすめ。
  5. もう一度、主張する → なので、ワードプレス+独自ドメインで始めよう。

 

当サイトの記事構成も、「PREPの法則」か「PRESPの法則」を利用した型が多くなっています。

 

ブログで文章構成を作る際の注意点

今回ご紹介した文章構成術と合わせて、ブログを作る上で注意点が3つあります。

  • ペルソナを設定して読者の悩みをイメージする
  • 自分が書きたい内容を書かない
  • 文章を書き始める前に構成をしっかり練る

 

ペルソナを設定して読者の悩みをイメージする

ペルソナ設定の方法については、「初心者でもすぐにできるペルソナ設定の方法」で詳しく紹介しています。基本的には、下のどちらかをイメージして記事を書けばOK。

  • 過去の自分
  • 仲のいい友達

 

当サイトのアフィリエイト系の記事などは、基本的に「アフィリエイトをやり始めた自分」をイメージしながら書いています。

自分が経験したことですので、「アフィリエイトを始めた初心者はどういう悩みを持つのか?」をリアルにイメージできます。

そうすると、「どういった情報が欲しいだろうか?」といったことも具体的なイメージがわいてきます。

稼ぐためにブログを書く人は「自分は20代独身男性なのに、主婦に売れそうな商材の記事を書いている」みたいな場合があると思います。

全てのことを体験するのは難しいので、これはこれでありですが、一般論しか語れないので、外注などで経験者に依頼した方がいいです。

基本的に「過去の自分」とか「身近な友達」の悩みを解決する記事を書いていれば、徐々にマーケティングスキルが伸びますので、収益も月10万くらいは狙えるはずです。

 

書きたいことは書かないこと

初心者がやりがちなミスとして、書きたいことを書くというものがあります。

アクセスを増やしたいなら書きたいことを書くな」という記事で詳しく紹介していますが、「キーワードから記事を書く」ことを守りましょう。

「あなたにとっては興味があっても、ほかの人にとっては全く興味がない」ということを認識する必要があります。

ブログも同じで、「さて、◯◯の話でも書こうかな」と考えるの出はなく、「キーワードを選ぶ → 読者の悩みを考える → 記事のストーリーを考える」という手順を守りましょう。

 

文章を書き始める前に構成をしっかり練る

構成をほとんど練らずにうまく文章を書く人もいます。しかしそれは一部の例外だと覚えておいてください。

9割の人は、構成をしっかり練ってから書き始めるべきです。

キーワードに対してどのような答えを用意するのかさえ決めれば、あとはそれに沿ってググったり本で調べて回答を埋めていくだけです。

1記事を完成させるのにかかる時間の3割〜5割ぐらいは使いましょう。

2時間で2,000文字〜3,000文字の記事を書くのなら、30分〜1時間は記事構成の作成に時間をかけてみてください。

ブログ初心者にありがちですが、10分くらいで構成を考えて記事を書き始める方も多いはず。

Twitterなんかを見ていても、「とにかく記事を書け」ってよく目にしますよね?

なので、ついつい文字を書くことに集中しがちですが、「記事を書くことと文字を書くことは別物」です。

映画や漫画などで登場人物が素晴らしくても、ストーリーがダメで駄作と評価されることがよくありますが、ブログの記事も同じです。

いくらいい原体験があっても、それを紹介するストーリーがイマイチだと誰の心にも刺さることはありません。

 

まとめ

以上、初心者向けのブログ記事の書き方について紹介しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です